【予想:7月7日】小倉競輪 ケイドリームズ杯奮奪戦 初日予想!

7月7日の競輪予想について書いていきます!

小倉競輪 ケイドリームズ杯奮奪戦今日が初日!

さてさて、今日も書いていきますが、競輪は奥が深い⁈

一見、難しそうですがわかっていけば楽しいのが競輪の良い所ですね!

今後も競輪の魅力を伝えていけたらと思います。

それでは早速予想してみたいと思います!

 

小倉競輪初日ということもあり特徴を少し書いていきたいと思います。

周長  みなし直線   カント
400m  56.9m   34゜1´48″

 

(バンク特徴)

結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、

少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる選手もいるので

一概に逃げ不利では無い。統計上は自力(逃げ・捲くり)、番手(差し)ともにほぼ互角であるが、

上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている。

さてさて、小倉開催でどの選手が活躍するのか楽しみです。

佐々木選手は前期のチャレンジ戦ではVを量産。

カマシ、まくりが得意な選手でドームの高速バンクは合っている。

1、2班戦初戦でも期待できる。

佐川翔吾、鷲田幸司の近畿勢がV戦線をリードする。5年ぶりA級の佐川だが、

昨年後半からグレードレースを含め随所で一発もあって復調ムードだった。

この佐川の思い切りのいい仕掛けに乗り、鷲田が差し脚を伸ばす。鷲田は失格点で降級となっただけ

で、前期S級では4月伊東G3での2勝を始め、毎場所のように勝ち星を挙げていた実力者だ。

 

それでは、しっかり予想していきましょう。

 

03R 見解 発走時間 21:51 締切予定 21:46

②佐々木選手 小倉は2度目、良いイメージしかないですね。自力は上位。小倉は昨年の12月に経験して居り、チャレンジ6回の優勝に、殆んどが1着の戦歴は無条件で◎。

④坂本選手だが、現在の調子では付いて行ける可能性は5割程度か。

⑦松岡選手 小倉は好走してるイメージがある先行力魅力。

①富安選手 松岡選手と連携するのは以前の調子ではない、付いては行けるかがカギ。

 

03R買い目

3連単

1着 2、7

2着 2、7

3着 1、4、5

 

04R 見解 発走時間 22:13 締切予定 22:08

⑦泉谷選手 パワーリフティングのチャンピオンから競輪選手に成った怪力、先行主体。

①山田選手 番手に選ばれたのは巧者、追走技術はしっかりしているので付いて行く事に集中する。

⑤芳野選手 一時のスランプからは完全に脱した。

⑥勝俣選手③安坂選手の神奈川コンビが動いてくれた時は捲りを決めてる調子。

 

04R買い目

3連単

1着 1、7

2着 1、7

3着 2、4、5

 

今日はこんな感じです。参考にしてみて下さいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です