【予想:7月10日】防府競輪|F1第19回石村正利賞 初日 予想!

7月10日の競輪予想について書いていきます!

【防府競輪|F1第19回石村正利賞】は今日が二日日!

だんだんと競輪についてもわかってきたと思います!

僕も書いていて難しいなぁと思いながら勉強しています!

でもやっと理解してきたので行けそうな気がします!

それでは今日も早速予想してみたいと思います!

 

 

今日も色々お話していきます!

 

先行と追い込み

この前の説明のように、空気抵抗のため選手が全力に近い速度で走るのは

最後の500m程度と短いので、選手は基本的に短距離走者としての適性が要求されます!

風圧を受けながらほぼトップスピードを維持できる時間が長い選手、

すなわち長い距離を先行できる選手ほど強いです!

 

しかし、競輪では先行する能力が高くない選手にも十分勝つチャンスがあります!

 

3人の競走

まず、非常に単純な場合を考えましょう!

選手はA、Bの2人しかいないします!

A、Bの能力は全く同じ!

当然、A、Bが勝つ確率は同じになりますよね!

どちらかが先行することになり、その仕掛けのタイミングの

微妙なズレで勝敗が決するでしょう!

これに、A、Bとは大きく能力が劣る選手Cが加わって3人でレースをやるとします!

Cは先頭で走れる距離が他より劣るので自分から先行することはできないです!

そこで、終止Aの後ろに付く作戦を取ります!

Aが先行してくれれば付いていくだけで2着になる可能性があるからですね!

 

このときおもしろいことに、Cに付けられたAも有利になります!

Aが先行した場合、後ろはCでBはさらにその後ろになっている可能性が高いです!

先頭からACBと並んでゴールを目指すことになりますよね!

ゴール前、Cは能力が劣るのでAがCに抜かれる可能性は小さいし、

強いBはAの直後でなく2車身離れているのでこれにも抜かれにくい!

このようにAは先行すると有利になるので少々早めの仕掛けでも先行できます!

Aの先行確率が高まることはCにとっても有利になります!

BはAと能力が同じにもかかわらず、Aより不利になってしまうのです!

 

 

Cは短距離走者としての能力が劣るのでAやBと一対一で競走すると全く歯が立ちません!

ところが、上で述べたように、

3人での競走ではAの後ろに付ける作戦を取ることでBに先着する可能性が出てます!

しかも、AはBと先行争いをしなければならないので、

場合によってはCはゴール前Aを差せる可能性まであります!

空気抵抗の影響の下、多人数(3人以上)で競走することで、

弱い選手でも勝てる可能性が出てくる興味深い状況が現れるのです!

 

追い込み選手

実際の競輪は9人で行うからもっと複雑ですが

先行力のある選手の後ろに付ける作戦は同じように有効です!

この作戦を取る選手は追い込み選手と呼ばれます!

 

競輪選手は、自ら先頭で風圧を受けながら先行して勝ちを目指す先行選手と、

その先行選手をマークして空気抵抗を避けゴール前で追い込んで勝ちを目指す追い込み選手に別れます!

 

追い込み選手は先行力は必要ないですが、

代わりに先行選手の後ろの位置を取るためのテクニックが要求されます!

強い先行選手の後ろは有利なので追い込み選手同士で取り合いになる場合があるからです!

有利な位置をめぐる戦いは競輪の重要な要素であり、

この辺りの詳しいことはまた書きます!

 

 

 

陸上競技や競馬などの標準的な競走でも先行、追い込みという用語は用いられます!

しかし、競輪での意味とは大きく異なるのです!

普通の競走では、レースの前半にリードを取る選手を先行と呼び、

レースの終盤に他の選手と比較して速度が速い選手を追い込み選手と呼びます!

すなわち、先行/追い込みとはペース配分のやり方の違いを示す用語なのです!

 

 

確かに競輪の追い込み選手は終盤で速度を上げるが、

これはペース配分を後半型にしたからではなく、

空気抵抗を避けて脚力を温存することによって可能になるのです!

 

追い込み選手はマークすることで先行選手よりもエネルギーの消費が圧倒的に少なくて済みます!

普通の競走ではこういうことは起こらないですよね!

今日はこの辺で!

 

さて、予想に入りましょう!

 

10R 見解

 

ここ3場所で記念優出にF1、2勝!

波に乗る宮本選手が力強い走りで白星か!

番手を守る柳谷選手が続きます!

矢野選手の一発にも注意ですね!

 

10R買い目

3連単

1着 7、1

2着 7、1

3着 7、1、4、5

 

11R 見解

 

吉田選手はG戦線でも結果を残しており期待出来ます!

勝負所を見極めた渾身の捲りで前団を飲み込み、

マーク堅実な山口選手と中部両者でアタマを争うでしょう!

白星が目立つ佐々木選手は長い航続距離に加え、

鋭いダッシュも備える期待の若手です!

力余すことなく仕掛ければ逆転もありますね!

 

11R買い目

3連単

1着 1、9

2着 1、9

3着 1、9、2、5

 

さて、今日はここまです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です