【予想:7月12日】青森競輪 エフエム青森カップ 予想!

7月12日の競輪予想を書いていきます。

【エフエム青森カップ】は今日が 最終日

どんな結果が待っているのか、どんなドラマが待っているのか⁈

さぁ今日も予想していきたいと思います。

 

では最初に競輪選手について少し話してみたいと思います。

 

 

競輪選手は凄い!!!

競輪選手になるためには日本競輪学校(日本で1校のみ!)の入学試験に合格し、約1年間競輪選手に必要な技術と知識を身につけなければなりません。現在は近代的なトレーニング機器やスポーツ医学を取り入れて、徹底した選手育成が行われています。
1年間の研修終了後、検定試験に合格することによって初めて競輪選手として登録され、レースに出場することができるようになります。選手になってからもレース成績で級班が形成されるというまさに実力の世界。競輪選手は狭き門をくぐり抜けてきた超エリートといえるでしょう。
ちなみに学校では全員坊主頭です(笑)。

選手は主に2タイプ!

 選手の戦法は大きく分けて
「自力タイプ」

「追い込みタイプ」の2つに分かれます。
簡単にいうと『いかに速く走るか』を考えるのが自力タイプ、『いかに前を抜くか』を考えるのが追い込みタイプということになります。
競輪は先頭でゴールすれば勝利、とはいえそこには他の選手もいるのでなかなか思い通りにはいきません。そのために自分の脚質と性格によって、自分を最大限活かせる先方を選択してきます。この中でもさらに、
「スプリンタータイプ」
「地脚(じあし)タイプ」の2タイプに分かれます。
この脚質の違いによって、季節の得意、不得意も出てきます。
スプリンタータイプは夏が得意です。これは選手の筋肉が冬場は収縮して回転力が落ちてしまうのが理由です。逆に冬が得意なのは地脚タイプ。これは地脚タイプの選手の回転力が冬場にアップするわけではなく、スプリンタータイプの選手の回転力が落ちるのに対し、地脚タイプの選手の回転力が一定なのが理由です。

選手のランク

 

競輪の選手はすごい!

 勝負服と呼ばれる選手のユニフォームの色は車番別に9種類用意されています。
選手のユニフォームは1984年以降、車番・枠番の枠色をベースにしたデザインを使用してきましたが、2002年4月より、9車9色の新しいユニフォームにデザインを変更しました。
1番車から9番車まで、それぞれ単色を使うことで、8車立など欠車時も車番の認識がしやすく、混戦の中でも、選手を見逃すことがありません。

選手は主に2タイプ

 選手のランクはS級とA級の2種類あり、パンツの色で見分ける事が出来るようになっています。
S級選手のパンツは黒字に赤のライン、A級選手のパンツは黒字に緑のラインが入っており、ラインの中には共に7つの星が飾られています。
 競輪選手は約4,000名で、選手全員が、S級1班を頂点とした右の図のように、
S級1班  S級2班
A級1班  A級2班  A級3班
に分けられています。
分ける基準は、各選手が出場したレースの結果による競走得点です。競走得点とは、各レースの着順によって与えられる得点のことで、成績が良い選手ほど得点が高くなります。
競輪学校を卒業したばかりの選手は、A級3班に入ります。
 また、半年に一度S級の下位200名とA級の上位200名を強制的に入れ替えます。
それぞれ、
S級の下位200名⇒A級1班  A級の上位200名⇒S級2班
へと入ります。こうすることで常に質の高い激しいレースが展開されています。

 

 

なんとなく、競輪についてわかってきましたか⁈

季節や脚質によって得意不得意が出てくるみたいですね。

それでは、そろそろ予想に入っていきましょう。

 

 

 

6R 見解  発走予定 18:20  投票締切 18:15

△三分戦伯仲
三分戦で実力伯仲も、西勢に期待。島村選手が飛ばせば、直線は川上選手-森江選手で一気。

ただし、東北の加美山選手-高桑選手や、相樂選手と組む中西選手もおり、狙いは手広くいきたい。

 

6R買い目

3連単

1着 3、9

2着 3、9

3着 1、4、5、6

 

7R 見解  発走予定 18:52  投票締切 18:47

△小峰の捲り
小峰選手が積極型の動向を見極め一気に捲る。次位も追走の高峰選手で、甲信の⑨③本命。三浦選手は出切っての勝負。有坂選手の援護で逃切り注。穴は谷本選手-西村選手の中部勢か。

 

7R買い目

3連単

1着 5、9

2着 5、9

3着 2、3、8

 

今日はこんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です