【予想:7月12日】豊橋競輪|メガワールド杯争奪戦 最終日 予想!

7月12日の競輪予想について書いていきます!

【豊橋競輪|メガワールド杯争奪戦】は今日が最終日!

競輪って実はかなり奥が深いものなんだなぁと書きながら思っております!

ただ走るだけでなく色んなファクターを含んでいるので

かなり複雑なものですよね、うーん悩ましい!

ですが理解すればそんなに難しいものではないかと!

まさに自転車の乗り方と一緒で覚えたら忘れないと思います!

それでは今日も早速予想してみたいと思います!

 

 

今日も色々お話していきます!

ライン

競輪選手全体で追い込み選手の方が先行選手より数が多いので、

1つのレースのメンバーに先行選手は3人前後いるのが普通で、

残りが追い込み選手です!

各先行選手の後ろに追い込み選手が付ける。

これは「先行と追い込み」の話で述べたように、

先行選手が先行するのを期待しての作戦です!

あぶれた追い込み選手は3番手以降に付くことになります!

例えば、1、4、7番が先行選手で下図のような3つの組に別れたりします!

図1
←  123  456  789

 

この組をラインと呼びます!

 

ああ!このラインではなかったですね!

 

それぞれのラインの先頭の先行選手同士は、先行をめぐって駆け引きして争います!

ラインの追い込み選手はマークしている選手から離れないように付いていき、

場合に応じて「仕事」をすることになります!

 

ラインは選手の並ぶ順番が重要です!

追い込み選手にとって、先頭の先行選手の直後の2番手が最も有利になります!

単に「番手」と言えばこの2番手のことを指します!

 

3番手以降の追い込み選手は、

先行選手との間に他の追い込み選手がいる分だけ勝つチャンスは小さくなってしまいます!

しかし、ラインの先頭が先行してくれれば

ゴール前で上位にいる可能性が高まるわけで、

番手が取れないなら悪くない作戦となります!

 

もちろん、3番手を周るのが不満なら実力で番手を取りにいくこともあります!

例えば、図1で9番が1の番手を狙って2と競る、などですね!

 

 

ラインを構成する選手がどのように決まり、

ラインの中での追い込み選手の並びがどう決まるかという問題があります!

例えば図1のようなライン構成になるのはなぜなのか、

どんな法則があるのかということですね!

これは別に競技ルールで決められているわけではなく、自然発生的な感じです!

 

ライン戦において実に重要なことなのだが、この説明はまた今度にして、

ここでは先に進めますね!

 

まずはラインでの戦いの様子を先に説明しましょう!

 

 

「空気抵抗」の時の最後に書いたように、ゆっくり走る序盤から誰かが先行することでレースは動きます!

この先行をめぐる駆け引き/争いはラインの先頭の先行選手が行います!

追い込み選手はラインの目標を追って走ります!

 

先行争いを行うとき、ラインを引き連れている先行選手は1人で先行するより有利になります!

 

これは前に「3人の競走」で述べたように、

先行する力のない追い込み選手が自分の後ろを固めているので、

先行中あるいはゴール前で後ろから抜かれる恐れが低くなるからです!

ラインが長いと他の先行選手との距離が大きくなるのでそれだけ有利になるのです!

 

 

ラインが先行選手にとって有利にはたらくことを具体的に示してみますね!

ある選手が先行したときその選手にラインがあると、

他の先行選手がそのラインの内側に包まれてしまうことがあります!

例えば、123のラインを叩いて456のラインが先行するのを、

時間を追って描くと図2-1から図2-4のようになります!

図2-1

←    123 456
    -----------
    バンク内側

図2-2
       456
←    123
    -----------

図2-3
       56
←    4123
    -----------

図2-4

←    456123
    -----------

 

このとき、図2-3の時点で、先行選手1がこのまま4の番手に付こうとするとどうなるでしょうか?

先行選手4をマークしていた追い込み選手5は、

1に4の番手を取られては不利になるので、

体を当てて1をどかそうとするのです!

 

1がこれに抵抗すれば5と1の競りになりますが、

多くの場合先行選手は競りが苦手のためすぐに車を下げ図2-4のようになるのです!

 

先行選手4はラインがあったおかげで先行選手1を自分から4番手まで下げることができますよね!

ラインの追い込み選手が他のラインの先行選手を後位から遠ざけてくれたからです!

また、1が抑えられて下がっている間1は仕掛けられないので、

4は安心して流すことができます!

 

さらに追い込み選手はラインでの位置を守るという役割に徹することで、

ラインの先行選手をより積極的に動くよう促進しようとします!

すなわち、追い込み選手はゴール前でラインの先行選手を交わそうとするのですが、

そのタイミングをなるべく遅くするのです!

 

追い込み選手にとっては早めに交わしにいった方が有利な場合が多いですが

敢えて遅くするのです!

こうすると、ラインの先行選手はゴール前での速度が多少鈍っても、

より積極的に先行しようとするでしょう!

それが追い込み選手の狙いで、総合すると彼にとっても有利になるのです!

わかりましたか??

 

さて、予想に入りましょう!

 

11R 見解

 

中部勢が4車結束し鉄壁ラインを形成!

加藤選手が勝負圏から捲り上げ渡邊選手が捕らえるか!

ここまで連勝の山下選手のデキも良いです!

 

11R買い目

3連単

1着 7、1

2着 7、1

3着 7、1、3、2

 

12R 見解

 

特選と同じメンバーが集結しましたね!

菅田園主が腹を決め先行か!

柴崎選手は同じミスはせず一気に巻き返して準決同様山内選手とG前勝負となるか!

 

 

11R買い目

3連単

1着 1、8

2着 1、8

3着 1、8、3、7

 

さて、今日はここまです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です